令和ゆかりの坂本八幡宮そばに「梅花の宴」モニュメント 1年間展示

 「令和」ゆかりの地として知られる福岡県太宰府市の坂本八幡宮そばに新元号の典拠となった、万葉集の梅花の宴をテーマにしたモニュメントが設置された。筑紫地区5市を活動エリアとするつくし青年会議所(JC)の50周年記念事業で、地元アーティストらが制作。太宰府市の課題だった観光客の滞在時間の短さを克服するため、周辺でもアートなどを楽しめる仕掛けも同時に展開する。...

残り 307文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR