直方産「純米吟醸MONOGATARI」一升瓶登場 ファンの要望に応え

 直方産酒米を使った「純米吟醸MONOGATARI(ものがたり)」の一升瓶(1・8リットル)が発売された。昨春に720ミリリットル瓶で初登場して以降、日本酒愛好者などから一升瓶での販売を要望する声が醸造元や酒販店に寄せられていた。

 発売は「日本酒の日」の今月1日。4度目となった緊急事態宣言の解除日と重なり、コロナ禍で苦しむ福岡県直方市の酒店や飲食店の「救世主」として、酒米の山田錦の生産や「MONOGATARI」の販売を後押しする市も期待する。1本3千円(税込み)で、500本が出荷される予定。...

残り 746文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR