大分県知事「第5波落ち着いてきた」感染状況はステージ2を維持

 大分県の広瀬勝貞知事は5日の定例記者会見で、県内の新型コロナウイルスの状況について「(7月12日からの)第5波は過去最大の流行規模となったが、県民の理解と協力でようやく落ち着いてきた」と話した。一方、感染状況の総合評価は4段階のうち深刻度が下から2番目の「ステージ2」を維持した。

 広瀬知事は、直近1週間...

残り 242文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

大分県の天気予報

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR