看板発注、つじ立ち、支持組織回り…「前倒し」衆院選へ準備急ぐ

 岸田文雄新首相が次期衆院選の日程を「19日公示、31日投開票」と表明してから一夜明けた5日、長崎県内の小選挙区の立候補予定者は一気に選挙モードに突入した。当初「11月7日か14日投開票」と取り沙汰されていた日程から1、2週間前倒しとなったこともあり、各陣営は急ピッチで準備を進めるとともに、支援団体の訪...

残り 563文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

長崎県の天気予報

PR

PR