諏訪神社宮司がセクハラ否定 女性側は反論

 諏訪神社(長崎市)の70代男性宮司が20代女性にセクハラ行為をしたとして役員らが辞職を求めている問題で、宮司は4日、「疑惑は真実ではない。今後も身の潔白を主張し、宮司職に励む」とするコメントを発表した。

 一方、女性の代理人弁護士は5日に記者会見を開いて反論。宮司はセクハラ行為後、女性に対面で謝罪...

残り 138文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR