閉幕理由の仮説 「東京国際」の官民一体化 アジア映画も一極集中へ

梁木靖弘さん寄稿【さらば、アジアフォーカス 映画祭の回想8】

 ここまで書いて、アジアフォーカスの閉幕について考え直した。事務局の文面では、解散の理由がいまひとつピンとこない気がする。東京国際映画祭の一昨年あたりからの動きを加味してみると、こういうことではないかという仮説が見えてくる。

 国際交流基金のな...

残り 1134文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR