ガラケー 辻 智子

 「何日か前から映らんようになってね」と、母から手渡された携帯電話は折りたたみ式のガラケーだ。表に時間の表示はあるが、中の液晶画面は暗くて反応はない。

 母が食事と見守り付きのいわゆる“サ高住”(サービス付き高齢者向け住宅)に移ったのは今年2月。ワンルームとバス、トイレでは持っていけるものは限られる...

残り 345文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR