【動画】海の幸、ジビエ、野菜…糸島キャンプ、地元食材で満喫

 青空が広がり、暑い日が続く10月の九州北部。新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が解除され、福岡県西部の糸島半島の人出も目に見えて増えてきた。秋が深まっていく、このタイミングでの地域応援企画「いいね!糸島」。移住した記者のアウトドア好きの趣味と、お出掛け情報紹介という実益を兼ね、1日午後に車を走らせたのはキャンプ場。久しぶりに、ゆったりとした時間を過ごした。

 糸島の魅力の一つは、新鮮な食材が産直価格で豊富にそろっていること。今回のキャンプは、テーマを「地元食材を満喫!」と決め、まずは朝一番で直売所へ。糸島漁協直営の「志摩の四季」(糸島市志摩津和崎)で、同市が「水揚げ量日本一」のマダイに加え、シバエビなどを確保。糸島農協の産直市場「伊都菜彩」(同市波多江)では、パプリカやナスといった野菜のほか、地元産の肉類を調達した。...

残り 2202文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR