直方出身の写真家・鋤田正義さん、歩みまとめた写真集を寄贈

 福岡県直方市出身の写真家、鋤田正義さん(83)が自身の写真集「SUKITA ETERNITY」を市に寄贈した。市立図書館(同市山部)で閲覧と借りることができる。

 「ETERNITY」は「永遠」の意で、写真集には鋤田さんの初期作品から音楽、劇場や映画のシーンなどを収め、写真家としての歩みがまとめられている。表紙はアルバムのジャケット制作などで撮り続けた英国出身のロック歌手デビッド・ボウイ(2016年死去)。今年7月に玄光社(東京)から出版された。...

残り 142文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

PR