日本の伝統芸能描いた洋画30点並ぶ 久留米の松本さん個展

 福岡県久留米市東町の一番街多目的ギャラリーで、市内の洋画家松本明也(はるや)さん(85)の個展が開かれている。10日まで。歌舞伎や能など日本の伝統芸能を描いた作品を中心に約30点が並ぶ。

 松本さんは門司市(現在の北九州市)出身。国鉄マンだった父親の仕事の関係で、子どもの頃を久留米で過ごした。...

残り 234文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR