地球の未来に鳴らした警鐘

10月になっても30度を超える真夏日が続く。秋が短くなった。ここ数年、ストーブを出してない。数十年に一度規模の大雨もしばしば。気候が変わった。四季豊かな国に生まれ育った私たちに備わった季節のセンサーがそう告げる▼地球の温度が上がっている。二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスが増えているから。感覚を裏付ける理屈が常識として浮かぶのは、この人のおかげだ。...

残り 396文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR