【閣僚に聞く】農林水産相、金子原二郎氏 諫干問題の決着は司法の場で

 -国営諫早湾干拓事業の潮受け堤防排水門の開門を巡る問題は、解決の糸口が見えない。長崎県知事も務め、地元の事情をよく知る大臣として、どう進展を図るか。

 「地元をよく分かっている人間だから、逆に答えるのも難しい。国としては引き続き、開門によらない基金による和解を目指すことが最良の方策という方針で、適切に対応していきたい」...

残り 617文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR