焼き肉代、マッサージ代、交通違反の罰金も… 韓国元慰安婦への募金、前理事長が流用か

 【ソウル池田郷】韓国の元慰安婦支援団体の前理事長で与党系無所属議員の尹美香(ユンミヒャン)被告=詐欺罪などで公判中=が、元慰安婦への募金を焼き肉店やマッサージ店での支払い、交通違反の罰金納付、娘への送金など私的に流用した疑いが強まったと韓国メディアが一斉に報じている。

 保守系最大野党の国会議員が法務省から提出を受けた尹被告の起訴状の内容を保守系の朝鮮日報が5日に報じ、韓国社会に波紋を広げている。同紙によると、尹被告は2011~20年、計217回にわたり1億37万ウォン(約940万円)を流用した疑いがあるという。

 起訴状に記載された「犯罪行為一覧表」には、15年3月に焼き肉店で26万ウォン、別の焼き肉店で18万4千ウォンを団体のカードで精算。同年7月にはマッサージ店とみられる店で9万ウォンを支払った。16年4月に車の速度違反の罰金8万ウォンを団体の口座から納付したほか、18年3月には娘の口座に団体の資金182万ウォンが移されたとされる。所得税や医療費の支払いにも団体資金を流用した疑いがある。

 尹被告は昨年9月、団体への募金の横領や、政府と自治体の補助金不正受給など八つの罪で起訴されている。今回の報道に対し尹被告側は「支援金(募金)を私的に使ったという趣旨の報道は事実でなく、公的業務や福利厚生費用として会計処理したものだ」と反論している。

関連記事

PR

PR