釜山国際映画祭、2年ぶり開幕式 ポン・ジュノ監督も参加

 第26回釜山国際映画祭が6日、韓国・釜山市で開幕した。昨年は新型コロナウイルスの影響で開幕・閉幕式を取りやめていたが、今年は人気俳優が歩くレッドカーペットイベントや開幕式を2年ぶりに実施した。15日まで、約70カ国・地域の223作品を上映する。

 開幕作は、イム・サンス監督の「幸福の国へ」、閉幕作はリョン・ロクマン監督の「梅艶芳Anita」となる。...

残り 214文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR