「泡沫」秋山祐徳太子さんの美学とは 少数者の視点で政争をアート化

 選挙で当選する可能性が極めて低い立候補者は、主要候補者と区別され「泡沫(ほうまつ)候補」と呼ばれる。昨年85歳で死去した現代美術家、秋山祐徳太子さんは、自ら泡沫と銘打ち東京都知事選に2回立候補した。東京・銀座のギャラリー58で開催中の「秋山祐徳太子と東京都知事選」は、少数者の視点で政争をアートにし...

残り 1356文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR