金メダリスト2人に福岡県民栄誉賞 柔道・素根、パラ陸上・道下両選手

 福岡県は7日、東京五輪柔道女子78キロ超級の素根輝選手(21)=同県久留米市出身=と、東京パラリンピックの陸上女子マラソン(視覚障害T12)の道下美里選手(44)=同県太宰府市在住=の金メダリスト2人に県民栄誉賞を授与すると発表した。

 県は2人の国際大会での実績も踏まえ、県民に希望や活力を与えた点などを評価した。

 同賞の授与は、プロ野球福岡ソフトバンクホークスの元監督で球団会長の王貞治さんや、アフガニスタンで長年にわたり人道支援に尽くした医師の故中村哲さんらに続き、7、8人目。東京五輪のソフトボールで日本代表の金メダル獲得に貢献した上野由岐子選手(39)=福岡市出身=は、北京五輪で金メダルに輝いた2008年に受賞している。

 表彰式は12月か来年1月に実施する方向で調整している。(金子晋輔)

福岡県の天気予報

PR

開催中

第13回あんぱんパーク

  • 2021年10月21日(木) 〜 2021年10月28日(木)
  • ベイサイドプレイス博多 海側イベントスペース
開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

PR