イタリアから水俣病発信 映画きっかけ、ミラノの日本人学校生徒が学習

 イタリア北部のミラノ日本人学校中等部の生徒たちが、国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議の関連行事にオンラインで参加し、水俣病学習の成果を発表した。きっかけは米国人写真家故ユージン・スミスさんを描いた映画「MINAMATA」。公害の歴史を調べ、教訓や環境保全の重要性を発信した。...

残り 564文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

熊本県の天気予報

PR

開催中

バギーコンサート

  • 2021年11月28日(日)
  • 福岡市早良南地域交流センター ともてらす早良 チャイルドルーム

PR