火の国監督に馬原氏が就任 野球九州アジアリーグ

 プロ野球独立リーグ、ヤマエ久野九州アジアリーグの火の国(熊本)は7日、ソフトバンクとオリックスで通算182セーブを挙げるなど活躍した元投手の馬原孝浩氏(39)と監督就任で合意したと発表した。球団のゼネラルマネジャー(GM)補佐を兼ねる。今季は「ピッチングGM」の肩書で投手コーチを務めていた。8日に熊本市内で記者会見を行う。リーグ初年度の今季優勝した火の国は、細川亨監督、松岡功祐総合コーチ、吉村裕基選手兼コーチが退任していた。

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR