11日プロ野球ドラフト会議 関東で成長した九州出身の注目選手

 プロ野球のドラフト会議が11日に迫った。「運命の日」を前に、関東で成長した九州出身の注目選手を紹介する。

 中大の古賀悠斗捕手(福岡大大濠高出身)は上位指名候補に挙がり、神奈川大の梶原昂希外野手(大分雄城台高出身)は走攻守の三拍子そろったプレーが特徴。独立リーグ、ルートインBCリーグ栃木の手塚俊二投手(福岡・純真高出身)は本格派右腕として成長が期待される逸材だ。

 古賀、強打の捕手に成長

 強打の捕手として飛躍的な成長を遂げた。古賀は12球団から調査書が届く上位候補としてドラフトを迎える。高校からプロ入りを目指す思いもあったというが「大学に進んで本当によかった」と実感を込めた。

 福岡大大濠高では2年時から捕手となり、中大でも入学直後から出場機会を得た。当時は、捕手としての経験は2年にも満たなかった。「勝つために先輩から厳しい言葉を頂いたこともあります。そうした経験を経て、精神的に強くなれた」と振り返る。

 2年秋には東都リーグで優勝を経験した。常にグラウンドの状況に気を配り、勝ち取った栄冠は格別だった。「(チーム内が)どんな雰囲気になれば勝ちにつながっていくのか。そうした経験ができたことも大きかった」とうなずいた。

 4年時は主将の大役を務め、打順でも中軸を任された。春のリーグ戦は打率3割4分1厘でベストナインに選出された。清水達也監督は「スローイングや守備の力は慎之助と比べても遜色ない」と強調。同大OBで、巨人の阿部1軍作戦コーチの名前を挙げた。

 高校時代にバッテリーを組んで、選抜大会の8強に導いた法大の三浦銀二も刺激を受ける存在だ。「ずっと連絡を取り合ってます。あいつが頑張っているから、自分も頑張れる」。プロでの対戦を思い描き、そろって夢をかなえる瞬間を待つ。 (山田孝人)

 「神奈川大のギータ」梶原

 豪快な打撃からついた異名は「神奈川大のギータ」だ。梶原はソフトバンク柳田悠岐を思わせる左打ちの大型外野手としてスカウト陣の注目を集める。「ここまでやれることはやってきた。(指名を)信じて待ちます」と表情を引き締めた。

 大分雄城台高では甲子園の出場はないが、神奈川大で力を付けた。身長188センチで長打力と堅実な守備を誇り、50メートルは5秒8という俊足を兼ね備える。かつてプロとして西武に在籍した実績がある同大の岸川雄二監督は「素質はとんでもなく高い」と評価する。

 大学では1年春からレギュラーをつかみ、同年秋のリーグ戦では打率4割で首位打者に輝いた。今秋も打率3割を記録。大学通算100安打に近づくなど大きく飛躍を遂げ、高校時代には「考えていなかった」というプロ入りを見据える。

 信条のフルスイングで力強い本塁打を放つプレースタイルについて「振らない選択肢はない」と言い切る。大分で培った潜在能力を磨き、プロでも舞い上がる放物線を描く決意だ。

 (山田孝人)

 BC栃木の手塚、進化した155キロ右腕

 ルートインBCリーグ栃木の手塚は悔しさを晴らしてのプロ入りを目指す。昨年は2球団から調査書が届いたが、夢はかなわず。「プロに進んだ選手を見ると、153キロは出さないと」。筋力トレーニングの成果もあって球速を伸ばし、今夏には155キロを計測した。

 福岡県大野城市出身で、日経大を中退して栃木に入団した。今季はシーズン前半に不調だった影響で防御率は6点台だったが、フォームの改善に取り組み、安定して150キロ台の真っすぐを投げるほどになった。22歳の細身の右腕は、目標のプロ入りに向けて「伸びしろがある分も評価してほしい」とアピールした。 (末継智章)

関連記事

PR

PR