イグ・ノーベル賞の世界展

 11月3日まで、福岡市中央区六本松の市科学館。人を笑わせ、考えさせる独創的な研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」の歩みを紹介する展覧会。

 会場には、逃げ出して隠れる目覚まし時計(経済学賞)や世界で最も高価なコーヒー(栄養学賞)などの発明品の実物、「バタートーストはバターを塗った面を下にして落ちる」の実験ブースもある。

 今年、動力学賞を受賞した京都工芸繊維大の村上久助教らが取り組んだ「『歩きスマホ』をする人が、歩行者集団に与える影響」を紹介するパネル写真も展示されている。

 高校生以上1400円、小中学生900円。事務局=092(711)5491。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR