『遅咲きの男』 莫言著

 2012年ノーベル文学賞作家の受賞後初の短編集。幼い息子をオオカミにさらわれ、ある誤解から娘まで自殺に追いやってしまうヒロインの母親が、オオカミの住処を襲い敵討ちをする「松明と口笛」など12編。中国の改革開放の渦の中で農村の人々の心が壊れてゆく悲喜劇を、作家特有の「語り」によって鮮やかに描きだす。吉田富夫訳。

関連記事

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR