HKT48新運営会社、リクアワ1位、村重100分センター、そしてコロナ禍

HKTが好きやけん 特命担当記者が見た10年⑲~2020年

 「えーっ!」

 2020年1月20日、東京ドームシティホール(TDC)の舞台裏でHKT48メンバーが驚きの声を上げた。AKB48グループの楽曲の中から上位50曲を人気投票で決める「リクエストアワーセットリストベスト50」の開催前に、運営がHKT独自の新会社に移行すると告げられたからだ。

 それまでは、AKB48と同じ「AKS」が運営していた。姉妹グループでは既にSKE48とNMB48がそれぞれ独立した運営会社の下で活動していたが、HKTの状況がどう変化するのか不透明だった。

 メリットもデメリットも考えられた。より地元に根ざした組織で活動や営業ができることは、グループの存続やメンバーの将来に大きな意味を持つ。一方で、九州以上に多くのファンを抱える関東地方での訴求力が小さくなる可能性も否定できなかった。

...

残り 4466文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR