「宗像国際環境会議」が開幕 市長がゼロカーボンシティ提唱

 海をメインテーマに環境問題を考える「宗像国際環境会議」が8日、開幕した。宗像大社の勅使館であった開会式では、伊豆美沙子市長が「宗像市ゼロカーボンシティ」を提唱。2050年までに市の二酸化炭素(CO2)排出量の実質ゼロ化を目指すことを宣言した。

 8回目となる今回のテーマは「常若(TOKOWAKA)...

残り 491文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR