伊藤博文さん『伊藤半次の絵手紙』 大切な人と過ごせる平和を 

 「お母チャン。この慰問袋へ入ったらお父チャンのところへ行けるの。僕お父チャンの戦争シテルの見たいなあ。ではまた。サヨナラ。」。描かれているのは子どもをあやす妻の姿。家庭での風景を思い描いて戦地でしたためた絵手紙だ。「検閲がある軍事郵便では『帰りたい』とは書けなかったのだろう。息子の言葉に代...

残り 588文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR