『図説 老いと健康の文化史』 リナ・ノエフ編著

 人はどう「老い」に向き合ってきたのか? ギリシャ・ローマ時代から現代のアンチエイジングブームまで、老いにあらがう健康法の歴史をオランダ・フローニンゲン大人間科学部教授の著者が紹介。血を抜くことが健康につながるとされた「瀉血(しゃけつ)」の場面を描いたクヴィリング・ファン・ブレーケレンカムの絵(16...

残り 52文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR