上京の人々思い新曲 野田かつひこさんが浅草で披露

 ♪荒川に故郷重ねて ここで生きてる 生きてるんだね。久留米市三潴町のシンガー・ソングライター野田かつひこさん(55)が、九州から上京した人々の思いを込めた新曲「下町の風に吹かれて」を作った。2日に東京・浅草の浪曲定席「木馬亭」で歌い、観客約50人を魅了した。

 野田さんは郷土の歴史や逆境に立ち向か...

残り 310文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR