台湾統一「必ず実現」 習氏「平和的に」と強調

 【北京・坂本信博】中国で孫文らが清朝を倒した辛亥革命の発端となった武装蜂起から10日で110年となるのを前に、北京の人民大会堂で9日、辛亥革命110周年記念大会が開かれた。習近平国家主席は演説で、台湾問題について「祖国の完全統一という歴史的任務は必ず実現させねばならず、必ず実現できる」と述べ、統一への強い意欲と自信を示した。習氏は来秋の共産党大会で異例の3期目続投が確実視されており、自身の手で台湾問題を解決するために行動を加速させる可能性がある。

 会場には台湾で「国父」と呼ばれ、中国でも「民主革命の偉大な先駆者」として英雄視されている孫文の巨大な肖像画が飾られた。

 その下で習氏は「『統一』は全中国国民の希望」という孫文の言葉を引用。「台湾独立勢力は統一の最大の障害だ。民族復興にとって深刻な隠れた災いだ。国家を分裂させる者は必ず人民に唾棄(だき)され、歴史の審判を受ける」と力を込め、台湾独立志向の民主進歩党(民進党)の蔡英文政権をけん制した。

 台湾問題を巡っては米国と中国の軍事的緊張が高まっている。習氏は「台湾問題は中国の内政であり、いかなる外部からの干渉も許さない。国家主権と領土保全に関わる中国人民の断固たる意志と強大な能力をみくびってはならない」と米国にくぎを刺した。ただ「平和的手段での統一が、台湾の同胞を含む中華民族全体の利益と最も一致する」とも強調し、武力行使の可能性には触れなかった。

 習氏は、台湾に高度な自治を認める「一国二制度」での統一にも改めて言及したが、香港では習指導部による統制強化で「一国二制度」が形骸化しており、台湾では拒否感が根強い。

 中国の歴代指導者はこれまでも、革命を記念する節目の年に、祖国統一が孫文の願いだったとして台湾問題の解決を訴えてきた。

PR

PR