牧原大フェンス激突、そのまま退場 工藤監督「意識ははっきり」

 牧原大が八回の守備で中堅フェンスに激突し、担架に乗せられたまま退場した。2死一塁で若月が放った中越えの打球を背走で追い、フェンスに激しくぶつかり倒れた。打球は転々とし、若月は一気に生還(記録はランニング本塁打)。工藤監督は試合後、「今、病院に行っている。意識ははっきりしていたけど、フェンスに転んだ時に頭を打っているので。あす脳振とうの状態を判断したい」と説明した。

関連記事

PR

開催中

久木朋子 木版画展

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月18日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR