緊急発進のF2、操縦席覆う風防落下 築城基地所属、朝倉の山間部上空

 10日午後0時50分ごろ、福岡県朝倉市東部の山間部の上空で、航空自衛隊築城基地(福岡県築上町など)に所属するF2戦闘機から重さ約90キロの部品が落下した。防衛省によると部品は見つかっておらず、捜索している。午後6時時点で被害報告は入っていないという。

 同省によると、落下したのは操縦席を覆う「キャノピー」と呼ばれるアルミニウムとアクリルガラス製の風防で、長さ約150センチ、幅約90センチ、高さ約80センチ。F2戦闘機は第8航空団第6飛行隊に所属し、対領空侵犯措置のため緊急発進していたという。同機は築城基地に帰還し、搭乗員1人にけがはなかった。

福岡県の天気予報

PR

開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

緑のコンサート

  • 2021年10月30日(土)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR