【やさしい日本語】子(こ)どもが かかる「手足口(て あし くち)病(びょう)」に 気(き)をつけて

手足てあしぐちびょう」は、はどもに  おおい  病気びょうきです。

くちなかや、や、あしに  ちいさな  ふくれたものが  できたり、ねつが  たりします。

ウイルスの  病気びょうきで、せきや  くしゃみで  うつります。

に  ついた  ウイルスが  くちに  はいっても  うつります。

なんにちかでなおることが  おおいですが、のうの  おもい  病気びょうきに  なることも  あります。

手足てあしぐちびょうは、なつに  おおいです。でも  大分おおいたけんでは  あきに  なっても、手足てあしぐちびょうに  うつる  どもが  えています。

とくに  大分おおいたで  おおいそうです。

病気びょうきにならないようにするには  どうしたら  いいのでしょうか。

大分おおいたけんは、「を  よく  あらって  ほしい」と  注意ちゅういをして  います。

おなじ  タオルを  家族かぞくみんなで  使つかうのも  やめたほうが  いいそうです。

 

もとの  記事きじは  こちら

関連記事

PR

PR