【独自】福岡県と福岡市、23年G7サミット誘致へ 知事と市長11日発表

 福岡県と福岡市が、2023年夏に日本で開かれる先進7カ国首脳会議(G7サミット)の誘致に名乗りを上げることが10日、関係者への取材で分かった。G7サミット開催で福岡の国際的な知名度を高め、新型コロナウイルス収束後のインバウンド(訪日外国人)の拡大などにつなげたい考えだ。服部誠太郎知事と高島宗一郎市長が11日に記者会見して発表する。

 日本でのG7サミットは、16年に三重県で開催された伊勢志摩サミット以来。名古屋市も誘致を検討している。

 福岡市は、19年に日本で初めて開催された20カ国・地域(G20)首脳会合の誘致に名乗りを上げたが、政府は大阪での開催を決定。選考過程では、海外の首脳級が宿泊する高級ホテルの少なさがネックになったとされた。

 今回は、23年春に市中心部の大名地区に米マリオットグループの最高級ブランド「ザ・リッツ・カールトン」が開業予定で、海外の要人を受け入れる態勢が拡充される。G7サミットの誘致にも追い風になりそうだ。

 福岡市では、19年にG20財務相・中央銀行総裁会議、00年の九州・沖縄サミットで蔵相会合が開催されている。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

バギーコンサート

  • 2021年11月28日(日)
  • 福岡市早良南地域交流センター ともてらす早良 チャイルドルーム

PR