アミメキリン赤ちゃん「陽葵」すくすく 秋吉台サファリで公開

 山口県美祢市美東町の秋吉台サファリランドで、6月に生まれたアミメキリンの雌の子ども「陽葵(ひまり)」が、動物ふれあい広場展示場で公開され、来園者の目を楽しませている。

 「陽葵」は、父親キズナ(10歳)と母親フブキ(23歳)との間に6月16日に生まれた。名前は7月に来園者による投票で決まり、「ヒマワリのように元気で大きく育ちますように」との願いが込められている。...

残り 253文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR