違法捜査証明した被疑者ノート 克明に連日記録…高裁「信用できる」

 勝訴の鍵は一冊のノートだった。2016年に熊本県警に逮捕され、家裁で刑事裁判の無罪に当たる不処分となった当時19歳の男性=熊本県=が、違法な取り調べで苦痛を受けたとして県に損害賠償を求めた訴訟。黙秘権などの侵害を認め、県に賠償を命じた9月の福岡高裁判決=確定=が重視したのは、「被疑者ノート」だった。男性が取り調べ状況を克明に記していた。18年前に誕生した容疑者の“盾”が、密室の違法捜査を証明した。

 都合が悪くなると黙ってばかり

 弁護士さんと相談しているんだろ

 ノートには取調官の生々しい言動が並んでいた。

 男性は16年5月、熊本地震の避難所で女児にわいせつな動画を見せたとして逮捕された。「取り調べに問題がある」。2日後にノートを差し入れた弁護人の松本卓也弁護士は、数々の記述を見て、そう感じた。12日間拘束された男性は、取り調べの様子を書き続けた。

 男性のスマートフォンからわいせつ動画の閲覧履歴は確認されず、熊本家裁は「非行事実なし」と結論付けた。男性は黙秘権や接見交通権の侵害を訴えて熊本県を提訴。県警側はノートの記載の大半を否定したが、高裁判決は「記憶が鮮明なうちに記載され、具体的かつ詳細で信用できる」と評価。一審熊本地裁判決に続き違法捜査を認定した。

 松本弁護士は「取り調べの状況を知る唯一の手段。ノートがあったから発言を立証できた」と強調する。釈放後は、弁護士事務所でノートを保管。「本人の加筆が可能」とした県警側の反論も退けることにつながった。

   ◇    ◇

 ノートの生みの親は秋田真志弁護士(大阪)だ。きっかけは、過去に担当した刑事裁判。警察が取り調べの模様を日誌にまとめていることを知った。02年秋。別の事件で聴取内容を記録してもらおうと大学ノートを差し入れて試したものの、「何を書いたらいいか分かりません」(容疑者)。

 居酒屋で弁護士仲間とアイデアを練った。「アンケート式にしよう」「(最大23日間の)勾留日数に合わせて23ページにしようか」-。

 試行錯誤を重ね、03年に取り調べの日付や時間、取調官の名前などを容疑者が記入する被疑者ノートが完成。04年には日弁連も発行し、これまでに少なくとも16万部を配布。現在は第6版で改良を重ねている。熊本では、否認事件で原則として差し入れているという。

 熊本大の岡田行雄教授(刑事法)は「違法な取り調べを類型化してチェック項目にまとめるなど、取調室の状況を再現できるよう工夫されている」と語る。

 ただ、神奈川県や北海道では警察がノートの黒塗りを指示したり、持ち去ったりする問題も発生。秋田弁護士は「ノートは容疑者の権利を守るために、記録の自由と秘密を守られなければならない」と指摘する。 (綾部庸介) 

 【ワードBOX】被疑者ノート 違法な取り調べやうその供述調書の作成を防ぐため、弁護士が逮捕された容疑者らに差し入れて取り調べ状況を記録してもらうノート。日弁連の冊子はA4判71ページあり、容疑者自身が毎日記入するために、日付や時間、取調官の氏名や態度、暴行や脅迫があったかなどの項目がある。裁判でノートが捜査の違法性を認める根拠になった例もあり、元厚生労働省局長が無罪になった文書偽造事件でも大阪地検特捜部の違法捜査を明らかにして注目された。英語や中国語など12カ国語版もある。

 事件と訴訟の概要 熊本地震後の避難所で2016年5月、当時11歳の女児にわいせつな動画を見せたとして、熊本県少年保護育成条例違反容疑で当時19歳の男性が逮捕された。男性は同10月に熊本家裁で刑事裁判の無罪に当たる「不処分」となり、違法な取り調べで苦痛を受けたとして19年5月に県を提訴。取調官の発言を黙秘権侵害などと認め、県に16万5000円の賠償を命じた福岡高裁判決が今年9月に確定した。男性側は虚偽の被害申告で苦痛を受けたとして女児の母親に損害賠償を求めて提訴し、20年9月、福岡高裁が「母親の供述は信用性が乏しく、一部は虚偽で違法」とした判決が確定した。

熊本県の天気予報

PR

開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

緑のコンサート

  • 2021年10月30日(土)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR