ホークス育成3位に福岡高の右腕・井崎 進学も選択肢「一番の決断を」

 11日にあったプロ野球のドラフト会議で、福岡高の井崎燦志郎(さんしろう)投手(17)がソフトバンクに育成3位で指名された。同校によると、OBのプロ野球選手は明大、八幡製鉄を経て1962年に広島入りして通算83勝を挙げた池田英俊だけ。同校卒業後に直接プロ入りした選手はいないという。

 井崎投手はテスト期間中のため、学校を通じて「地元福岡の憧れの球団に指名していただき、大変光栄です」とコメントした。188センチの長身から繰り出す最速149キロの直球が武器。2年生だった昨夏の独自大会の福岡地区決勝は5番右翼で出場し、昨秋のドラフトでオリックスに1位指名されて入団した山下舜平大(しゅんぺいた)投手(19)を擁した福岡大大濠高を破って優勝した。

 エースとして臨んだ今夏の福岡大会は筑紫台高との初戦で七回途中4失点、チームも2-4で敗れたものの、プロ10球団、24人のスカウトが視察。大学進学も選択肢に入れているといい、「自分の人生にとって一番の決断をしたい」と慎重に結論を出すつもりだ。 (伊藤瀬里加)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR