平戸市長選告示現新一騎打ちに 松本氏「未来へ大きな節目」 黒田氏「素早いコロナ対応」

 10日告示された長崎県平戸市長選は、新人の元市水道局長、松本和之氏(67)、4期目を目指す現職の黒田成彦氏(61)=自民推薦=の無所属2人が立候補した。両候補は、それぞれ市内で出陣式を開き、17日の投開票日に向けて一騎打ちの選挙戦をスタートさせた。

 松本氏は魚の棚町の選挙事務所で出陣式。「平戸の風を変...

残り 263文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR