福岡、G7誘致に名乗り 県と市発表 23年夏、国際的な知名度向上へ

 福岡市と福岡県は11日、2023年夏に日本で開かれる予定の先進7カ国首脳会議(G7サミット)の誘致に立候補することを発表した。福岡の国際的な知名度を高め、新型コロナウイルス収束後のインバウンド(訪日外国人)の拡大などにつなげたい考えだ。

 メイン会場は福岡市内で、宿泊施設については、23年春に同市中心部に開業予定の米系高級ホテル「ザ・リッツ・カールトン」を想定しているとみられる。1日に外務省から照会があり、11日に誘致の意向を伝えた。12月20日までに計画書案を政府に提出する予定。

 高島宗一郎・福岡市長と服部誠太郎・福岡県知事、倉富純男・九州経済連合会会長が市内で共同会見。服部知事は「3本の矢で誘致し福岡の素晴らしさを世界に向けて発信したい」と述べた。19年のG20サミットの際も誘致に名乗りを上げたが、大阪に決まった経緯がある。高島市長は「前回よりアップデートした。簡単ではないが、大きな相手にチャレンジしたい」と語った。

 一方、磯崎仁彦官房副長官は同日午後の記者会見で、福岡のG7誘致について「宿泊施設、警備などを総合的に検討し判断することになる」とした。開催地について、来年ドイツで開催されるG7サミット前後に決まる見通し。

 日本でのG7サミットは、16年に三重県で開催された伊勢志摩サミット以来で、今回の開催地には名古屋市も誘致を検討している。 (塩入雄一郎、久知邦)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

緑のコンサート

  • 2021年10月30日(土)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR