畳、ベッド、鞄…紙の新しい可能性

 和室を改装し、新しい畳を入れた。琉球畳のような縁のない正方形の畳を目の向きを交互にして組み入れたので、光の加減によって格子状に色が違って見える。最初は普通のイ草の畳が入っていたのだが、リフォーム会社の人に、イ草に比べて色落ちがしないですよと勧められて、紙製にしたのだった。風合いもあり、紙でできているとは気づかれないと思う。けば立ちもなく、快適に使っている。...

残り 512文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

バギーコンサート

  • 2021年11月28日(日)
  • 福岡市早良南地域交流センター ともてらす早良 チャイルドルーム

PR