労働組合、多様化する「役割」 衰退の要因と、求められる価値は

団結の現在地 労組をつくる

 連載「団結の現在地」では、労働組合のメリットが労使双方にあることを考えてきた。一方で働き手が労組に求める役割は時代とともに多様になり、従来の組合活動は転換点を迎えているとも言えそうだ。現状や課題を、神戸大大学院法学研究科の大内伸哉教授(労働法)に聞いた。

 -労組の衰退の要因は?

 「まずは産業構造の変化が大きい。...

残り 1837文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

開催中

第13回あんぱんパーク

  • 2021年10月21日(木) 〜 2021年10月28日(木)
  • ベイサイドプレイス博多 海側イベントスペース
開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

PR