「御神幸」神具を公開、15日から多賀神社 来秋、30年ぶり催行目指す

 福岡県直方市の多賀神社伝統の御神幸で使用される神具類が15日から、境内で公開される。御神幸は1992年を最後に途絶え、氏子らが復活に向けて準備を進めていたが、新型コロナウイルス感染症の影響で2年連続延期に。来秋、30年ぶりの催行を目指している。展示は...

残り 324文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR