九州鉱工業指数、8月4.1%減 3ヵ月ぶり低下 基調判断15ヵ月ぶり下げ 

 九州経済産業局が12日発表した8月の九州の鉱工業生産指数(速報、2015年=100、季節調整済み)は、前月比4・1%減の100・5となり、3カ月ぶりに低下した。自動車を中心に部品供給不足の長期化が懸念されるとして、生産の基調判断は前月の「持ち直している」から...

残り 458文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

久木朋子 木版画展

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月18日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR