北九大サヨナラでV王手 九州六大学野球

 九州六大学野球の秋季リーグ戦(西日本新聞社など後援)は12日、福岡県飯塚市の筑豊緑地野球場で第5週第1日の3試合が行われ、北九大が首位で並んでいた久留米大に1-0で勝ち、7勝2敗で単独首位に立った。九回に代打新原隆也(3年・香椎)がサヨナラ適時打を放った。

 福岡大は西南大に6-1で快勝し6勝3敗で久留米大と2位で並んだ。九国大は5-4で九州大にサヨナラ勝ちして今季3勝目を挙げた。北九大は13日に久留米大に勝てば2年ぶりの優勝が決まる。

代打の新原殊勲打

 2年ぶりのリーグ優勝を狙う北九大がサヨナラ勝利を決めVに王手をかけた。九回2死満塁で代打の新原が中前にサヨナラ適時打を放った。昨秋から正捕手としてマスクをかぶってきた新原は、今季途中から打撃不振でスタメンを外された。「新原は外されてもバットを振ってきた。苦しんだ選手が結果を出してくれると思った」と山本監督の期待に見事に応えた。「サヨナラは人生で初めて。気持ちよかった。明日も連勝しかないです」とヒーローは力強く宣言した。

PR

開催中

第13回あんぱんパーク

  • 2021年10月21日(木) 〜 2021年10月28日(木)
  • ベイサイドプレイス博多 海側イベントスペース
開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

PR