鷹ドラ1風間「300勝」宣言 指名あいさつで「球界背負える投手に」

 ソフトバンクからドラフト1位指名された秋田・ノースアジア大明桜高の風間球打投手(18)が12日、秋田市内の同校で永井智浩編成育成本部長兼スカウト部長らから指名あいさつを受けた。

 最速157キロを誇る右腕は「将来は球界を背負える投手になりたい。300勝を目指したい」と宣言。プロ野球で通算400勝の金田正一、同350勝の米田哲也ら過去6人しかいない大記録に照準を合わせた。

 昨年まで同校の総監督兼投手コーチを務め、通算112勝のヤクルトの尾花高夫2軍投手チーフコーチに「おまえならもっといける。高い目標を設定しなさい」と言葉を掛けられ、大きな数字を目標に掲げた。

 永井本部長も「想像もつかない投手になる可能性は十分。球自体が強く、タイプは千賀」と太鼓判。「あいさつを受けて、早く行きたいと思いました」。プロでの投球がますます楽しみになってきた。 (長浜幸治)

関連記事

PR

開催中

久木朋子 木版画展

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月18日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR