ガネーシャ像お披露目特売 博多弁の「ガネーシャ音頭」も制作

 アジアの人々との「共生」をテーマにした商店街づくりでにぎわう福岡市博多区吉塚の「吉塚市場リトルアジアマーケット」(42店舗)は15日から、今月新たに登場したヒンズー教の神「ガネーシャ」像のお披露目イベントを始める。

 ガネーシャはインド製の石像(高さ約1・5メートル)で、商店街の交流施設「アジアンプラザ」...

残り 447文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

開催中

久木朋子 木版画展

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月18日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR