コロナ下の「隠れたいじめ」を見逃さない鍵は

 文部科学省の発表データは、コロナ下で子ども同士に「距離」が生じた結果、いじめが減ったことを示している。だがそれは一時的な解消や、潜在化を招いただけではないのか、との疑念も残る。不登校生は増加しており、問題は何ら解決していない。何より大切なのは、登校したくなるクラスの実現。いじめを見逃さない教員の視点と、子ども同士の対話を増やす日頃の取り組みが鍵を握る。...

残り 734文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

学ぶ!SDGs×企業

  • 2021年10月20日(水)
  • カフェ&コミュニティースペース dot.(ドット)交流スペース
開催中

ストレッチング講座

  • 2021年9月13日(月)、15日(水)、22日(水)、27日(月)、29日(水)、10月6日(水)、11日(月)、13日(水)、20日(水)
  • 野中生涯学習センター

PR