キーワードは「地域協働」「持続可能」 コロナ後の社会像どう描く?

 熊本学園大水俣学研究センター主催の公開講座「新型コロナウイルス感染症に翻弄(ほんろう)される暮らしと社会」第3回が12日夜、熊本県水俣市であり、宮崎県立看護大の高本佳代子講師と熊本学園大社会福祉学部の宮北隆志教授が講話した。

 昨年度まで熊本市保健衛生部長を務めた高本氏はオンラインで講演。世界保健機関(...

残り 585文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

熊本県の天気予報

PR

開催中

久木朋子 木版画展

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月18日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR