衆院選 長崎県は全区で与野党対決 異例の短期決戦へ

 衆院は14日に解散される。4年ぶりとなる総選挙は19日公示、31日投開票の見通しで、異例の短期決戦に向けた準備が本格化する。長崎県内ではこれまで4小選挙区に自民、立憲民主、共産、国民民主各党と無所属の12人が立候補を表明。ほかに2人が準備を進めており、全選挙区で与野党が対決する構図となりそうだ。 (敬称略)...

残り 1965文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

開催中

久木朋子 木版画展

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月18日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR