近代洋画の父・黒田清輝と美人画の岡田三郎助 佐賀県美で特別展

 「日本近代洋画の父」と「美人画の岡田」。佐賀県立美術館(佐賀市城内)の特別展「白馬、翔びたつ-黒田清輝と岡田三郎助」で紹介されている110点の作品は、そう2人が称されるゆえんを示しながら、近代化の中で西洋美術が「輸入」された経緯をたどる。

 黒田は1866年鹿児島生まれ、岡田は1869年生まれの佐...

残り 977文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR