『人は愛するに足り、真心は信ずるに足る--アフガンとの約束』中村哲・澤地久枝=聞き手=著

 2019年、アフガニスタンで人道・復興活動中に凶弾に倒れた中村医師が残した肉声の記録。「人として最後まで守るべきものは何か」。熱い胸中を、伯父火野葦平のことなど個人史的背景とともに語る。文庫化に際し遺志を継ぐ現地スタッフのメッセージを収録。

関連記事

PR

開催中

久木朋子 木版画展

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月18日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR