謎とロマンの野焼き 「阿蘇踏査の歩み」(74)

【聞き書き】熊本大名誉教授 渡辺一徳さん

 阿蘇の野焼きは縄文時代から始まっていたのか?

 その根拠となっているのが「黒(くろ)ボク土」と呼ばれる地層です。この連載でも何度か登場していますが、灰土に芽吹いた草木が火山灰に埋まり、腐植して形成された黒土層です。

 草原が広がる北外輪山をドライブ中、よく見かける黒ボク土層。中岳など中央火口丘が本格形成されていく1万3千年前以降の地層に顕著に見られます。...

残り 836文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

黒の扉

  • 2021年12月2日(木) 〜 2021年12月7日(火)
  • 福岡アジア美術館7階企画ギャラリーB

PR