筑後川流域の防災考える市民協議会発足

 肥沃(ひよく)な恵みをもたらすとともに、毎年のように水害を引き起こす筑後川。流域の町づくりと防災について市民と一緒に考え、久留米市など各市町や国に政策を提言していく新組織「くるめ川まちづくり市民協議会」が発足した。

 協議会は、筑後川流域の町づくりに取り組む駄田井正・久留米大名誉教授らを発起人に設立された。...

残り 374文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR